それは職人がヤスリを手に取る時から始まる

 

デザイン画を見ながら

立体的な映像を頭の中に 結び
より、依頼人の夢に近づける道を探す

 

そこには、長年の経験に基づいた技能と

誇りがある


作り出す作品には、

大量生産にはない温もりがある、

 

その一つ一つに
お金で計れない価値がある

 

ブランドと言う紙のような物は張らないが

 

すべては、出来上った作品が物語る。

 

  夢工房

一日一組のお客様。

「宝石加工の価値とは?」

45年間宝石の加工をしてたどり着いたのは、お客様の希望や夢を徹底的にお聞きして、夢を実現してこの世に二つとない作品を生み出しお客様を笑顔にすること。

 

一度の面談の後、場合によってはメールのやり取り、電話での打ち合わせは

合計100回にも及ぶ事もあります

 

 

 

他のお店で買われたダイヤモンド、古い枠に留められているダイヤモンドも枠をお作りいたします

 

素晴らしいオリジナル作品の作り方、

動画をまずご覧ください